東洋調理ニュース2015年3月30日
3/20(金)平成26年度卒業式を執り行いました。

名古屋逓信会館にて第39回卒業証書授与式を行いました。
前日の雨もすっかり上がり、暖かい日となりました。
3年生の皆さん、卒業おめでとうございます!
これから進む道は分かれてゆきますが、各々の場所で一所懸命努力して自分を研き、
素敵な大人になって下さいね。
調理師免許の受領時には、元気な笑顔を見せに来てくれるのを楽しみにしています!




東洋調理ニュース2015年3月26日
3/11(水)集団調理を行いました。

3/11(水)2年生が集団調理で全校生徒・教職員の為に120人分の昼食を作りました。
メニューは、「八宝菜・春雨サラダ・ワンタンスープ・ご飯・黒ゴマプリン」です。
栄養面・カロリー等を考慮し献立作りから自分たちで考えました。
6班に分かれ、一日がかりで各々の持ち場で責任を持って
時間に間に合うよう仕事に取り組みました。
濃い味付けのものもありましたが、時間通りに見た目も美しく出来上がりました。
ご馳走様でした、美味しかったです!


今回料理長を任され、
大勢の人に美味しいと言ってもらうのはとても難しいことだとわかりました。
前日までみんな他人に自分の仕事を押し付けたりしていましたが、
当日になるとクラス全員が助け合いとても楽しく行うことが出来ました。
<料理長 中西 将暉>

前日準備の時、調理班とサービス班の話し合いが上手く出来てなかったため
予想よりも時間がかかってしまいました。
副料理長としてその事を把握できなかったことを残念に思います。
しかしトラブルもありましたが、
1・3年生や先生方が美味しいと言ってくれたのでとても嬉しかったです。
<副料理長 溝口 義茂>

サービスは当日の配膳だけでなく、材料の発注等も仕事の一つでした。
みんなで協力することが大切ということを学びました。やり終えた後はホッとしました。
<サービス担当 高野 未耶>

僕は春雨サラダを担当しました。
120人分の料理を今まで作ったことがなかったので無事に作ることが出来るか不安でしたが、
大きなミスもなく終えることが出来て良かったです。
<春雨サラダ担当 松岡 舜>
 
ワンタンスープを担当しました。準備も本番も順調に進み提供することが出来ました。
しかし最後に書いてもらうアンケートでは「濃い、塩辛い」といった感想が多く、
自分たちが最適だと思って作ったものが美味しくなかったと言われてしまうと
悔しく悲しかったです。
準備が上手くいってもお客様のことを第一に考えなければ
意味がないということを学びました。
<ワンタンスープ担当 金井 杏里>

最初から米のとぎ方を間違えてしまい、先生にも迷惑をかけ
一・三年生に美味しいご飯を食べてもらうことができなくてすごく残念でした。
今回のみでなく何に対しても前々から準備を完璧にして
本番を迎えないといけないなと思いました。
<ご飯担当 カブレラ ジャンカルロ>


東洋調理ニュース2015年3月18日
3/13(金)愛知県専修学校各種学校連合会の表彰者を発表します。

名古屋ガーデンパレスで行われた授与式で、
愛知県知事賞に山田 美沙さん、
連合会長賞に近藤 果帆さんの3年生2名が表彰されました。

卒業後山田さんは病院給食の会社へ就職、
近藤さんはグループ校の国際製菓技術専門学校へ進学します。
2人とも勉学に真面目に取り組むだけでなく、
学校行事のボランティアなどでも頼りになる存在でした。
今後も何事にも真摯に取り組む姿勢を忘れないで下さいね、おめでとうございました!



東洋調理ニュース2015年3月6日
3/6(金)「第30回調理コンクール全国大会」に出場しました!

2/23,24に東京で行われた「第30回調理コンクール全国大会」の日本料理の部に出場した
土方 里代さん(3年生)は、健闘しましたが残念ながら入賞には届きませんでした。
本校生徒も2年連続で全国大会へ出場してきました。
全国大会の壁はまだまだ厚いですが、受賞者の作品などを直に見ることによって
選手や指導する先生にとっても、良い刺激になりました。
来年に向けての課題はたくさんありますが、頑張っていきましょう。
土方さんは、三重県のリゾートホテルに就職が決まっています。
今後のさらなる活躍を期待します!



<土方さんのコメント>
地区予選・全国大会を通じ、
多くの人に支えられてここまでやってこれたことに感謝しています。
また関連校のさつき調理福祉学院の先生方にもたくさんのアドバイスを頂きました。
作品の原点を考えて下さった平松先生、練習を指導して頂いた眞野先生、
応援して下さった皆さん有難うございました。
これからも日々精進して頑張りたいと思います。