東洋調理ニュース2015年2月23日
2/25(水)漢検合格しました!(2)

今1/16(金)に本校で行われた漢字検定の合格者を発表します。
合格者の皆さん、おめでとうございます!
下記の合格者のコメントにもあるように、
何事においても「決してあきらめないこと」が大事です。
今回不合格だった人は、次回こそ頑張りましょう。


<合格者の皆さん>

私が漢検を受けた理由は、進学や就職に有利になるからです。
今回は3級に合格したので、6月は準2級に合格できるように一所懸命勉強します。
<1年生 河澄 綾乃>

準2級に5回目の正直で受かることが出来ました。
努力が成果につながったと思います、次は2級を目指します。
<2年生 髙瀬 公輔>

何となく母に漢検を受けようかなと言ったら4級のテキストを買ってきてくれました。
そのおかげで合格でき、両親も喜び次は3級だねと言われました。
この調子でどんどん受検していきたいと思います。
<2年生 横山 湖春>


東洋調理ニュース2015年2月23日
2/13(金)特別製菓実習(最終回)を行いました。

今回はモンブランロールを作りました。
クリームにラム酒とマロングラッセを使っているので大人の味がして美味しかったです。
ロールケーキということで生地にメレンゲを使用します。
メレンゲをホイップすることは大変ですが、塩を使えば簡単にできるということを知りました。
知識が膨らんでいくとお菓子のレパートリーも増えるし楽しくなります。
今までの実習を通し毎回新しいことが学べたので、
これを生かし今まで以上に美味しいお菓子が作れるようになりたいです。
<1年生 澤田 斗柚琴>


バレンタインデーには、調理師学校らしく
何人かの生徒が手作りのチョコレート等を作ってきてくれました。
中には、お店に並んでいても遜色のないような出来映えのものもあり、感心しました!
今回の澤田さんも、手作りのチョコレートムースケーキをプレゼントしてくれました、
美味しかったですよ。
3年生には、4月からグループ校の国際製菓技術専門学校に進学する生徒もいます。
夢に向かってしっかり勉強してくださいね。


東洋調理ニュース2015年2月21日
2/20(金)「調理技術コンクール全国大会」に向け
練習に励んでいます!。

11月の「調理技術コンクール東海北陸地区大会」で勝ち抜いた3年生の土方 里代さんは、2/23,24に東京で行われる全国大会の日本料理の部門に出場します。
この大会は全国の調理師学校卒業見込み者で地区予選の通過者が、
あらかじめ告知される主材料等を用い指定の課題作品を2日間にかけて
仕込み・調理・盛付けし、競うものです。
高校生も専門学校生も同じ土俵の上で戦うので年齢では
不利な面もあるかもしれません。
しかし本番では精一杯持てる力以上のものを発揮して
悔し涙のないように頑張って下さいね!
みんな応援しています!

調理指導の平松先生、いちばん近くで支えて頂いた眞野先生に
恩返しができるよう入賞を目指します!
<3年生土方 里代>

東洋調理ニュース2015年2月20日
2/6(金)特別製菓実習(5)を行いました。

今回は、春の果物の王様のイチゴを使ったババロアを作りました。

第5回製菓実習では、イチゴのババロアを作りました。
まず泡立てた生クリームに混ぜるためのイチゴジャム作りから始めました。
生のイチゴと砂糖を煮詰めて作るのですが、焦がさないように作るのが大変でした。
しかし、一番手間がかかったのは生クリームを泡立てることです。
泡立て加減でババロアの固さが変わるので好みの固さにするのが難しいからです。
僕は将来製菓店を持ちたいと思っているので製菓実習はとてもいい経験になりました。
<1年生 茜谷 哲行>

東洋調理ニュース2015年2月7日
1/30(金)特別製菓実習(4)を行いました。

1/30(金)は、土台にドライフルーツを用いたベイクドチーズケーキを作りました。

第4回製菓実習は、ベイクドチーズケーキを作りました。
このケーキは工程が少なく混ぜるだけなのでとても簡単に作ることが出ました。
簡単なケーキですが、初めはクリームチーズと生クリームを混ぜるのが大変でした。
しかし先生がコツを教えてくれました。それは混ぜる時に空気を入れると、
早く混ざるというものです。
製菓実習では他にも色々なお菓子を作るのでとても勉強になります。
さらに先輩と一緒の実習室で行うので普段の調理実習とは違い、楽しいです。
製菓実習で勉強したことをきちんと覚え、家でも作りたいと思います。

<1年生 河澄 綾乃>