東洋調理ニュース2012年10月31日
「第28回調理技術コンクール東海北陸地区大会」に向け、
ただいま猛練習中!!

11/3(土)ニチエイ調理専門学校にて開催される調理技術コンクールに向けて、
毎日3人の出場選手が調理実習の先生から指導を受け猛練習を重ねています。

コンクール課題
<日本料理>
①大根のかつらむき②里芋の六方むき③だし巻き卵

<西洋料理>
①ジャガイモのシャトー②ジュリエンヌ③プレーンオムレツ

<中華料理>
①筍の細切り②ピーマンの細切り③薄焼き卵

エントリー選手は
日本料理 3年生 水野 淑之
西洋料理 3年生 北村 亜衣
中華料理 3年生 副島 誠矢
以上の3人です。

皆さん、当日は落ち着いて日頃の練習の成果を発揮して下さい。期待してますよ!


東洋調理ニュース2012年10月31日
10/27(土)第4回一日体験入学を行いました。

秋晴れのなか、第4回体験入学を開催し、26名の中学生が参加しました。
平山先生によるカフェ実習でメニューはオムライス、サラダ、グレープフルーツゼリーです。
カフェで供されるように、見た目もきれいに美味しく出来上がったのでしょうか?



次回は、11/10(土)眞野 幹英先生による西洋料理
グラタン、サラダ、パン、リンゴゼリーを作ります、
皆さんの参加をお待ちしています!

体験入学申込はこちらからどうぞ]


東洋調理ニュース2012年10月17日
10/12(金)特別製菓実習を行いました。

24年度最後の特別製菓実習を行いました。
国際製菓専門学校の佐伯先生、高木先生を迎えマジパンで犬を作りました。



今回の実習に参加した1年生の佐藤 滉介君は、調理はもちろん、お菓子作りも好きで
自宅でも休日にはいろいろとお菓子作りに挑戦しているそうです。
そんな佐藤君に製菓実習の感想と本校の志望理由など質問をしてみました。

Q1:製菓の先生に本格的に習う特別実習はどうでしたか?
最初は、マジパンの犬の細かい部分ができるかなと心配でしたが
製菓実習の高木先生が丁寧に教えてくれたのでスムーズに作業を進めることができました。

Q2:どのようにして、東洋調理技術学院を知りましたか?
また愛知県内にいくつか調理を学べる学校がありますが、なぜ本校を受験しましたか?

この学校に中学校の先輩がいて知りました。
その先輩から先生や他学年の人とも気さくに話すことができとてもいい雰囲気だと聞きました。
実際体験入学に参加したところ実習の先生や先輩達が親切に教えてくれたので
受験しようと思いました。

Q3:入学してから半年経過しましたが、入学前と現在と比べて何か変化はありますか?
 入学前と比べ専門的な知識や技術を学べるので家で作る料理のレパートリーが増え
どんどん調理することが楽しくなってきました。

Q4:まだまだ先の話ですが、卒業後の進路はどうしたいと思いますか?
 まだ明確には決まっていませんが、卒業したらどこかでもっと調理の勉強をし、
いずれは自分の店を持ちたいと思います。

もともと料理をするのが好きだったという佐藤君、
入学後調理実習で学んだことを日々実践しているそうです。
また今は季節のフルーツを使い自分でアレンジしたスイーツ作りに夢中で
いろいろなレシピを考えています。


東洋調理ニュース2012年10月10日
10/6(土)第3回体験入学を行いました。

今回の体験入学は三連休初日の開催となり、
昨年と比べると参加者も若干少なめとなりましたが、
鬼頭 真一先生による中華料理
(エリンギと豚バラの葱風味炒め、玉子スープ、ごはん、杏仁豆腐)
の調理実習を行いました。
おいしく出来上がったでしょうか?






次回は10/27(土)、ダンディな平山 益美先生による
カフェ実習(オムライス、サラダ、グレープフルーツゼリー)です、
お楽しみに!体験入学は12月まで続きますので
興味のある方は体験入学についてのページをご覧くださいね。

体験入学申込はこちらからどうぞ]