授業料補助制度

各種支援金等により、安心して学ぶことができます。
申込はすべて学校を通して行います。
詳しくは、体験入学にてご説明差し上げます。

就学支援金・愛知県授業料軽減・愛知県入学納付金補助金制度

本校では国・愛知県から各種補助金の交付を受け入学納付金・授業料の一部を軽減しています。
1年生は年2回(4月・6月)に申請し、下記の所得基準等に応じて授業料の補助金額が決定します。
返済の必要はありません。

国の就学支援金及び愛知県授業料軽減制度

本校では、学校が就学支援金・愛知県授業料軽減金を生徒本人に代わり代理受領し、授業料に充当します。(1期授業料分を除く)
下記実質授業料が一ヶ月分のお支払いいただく授業料となるので安心して3年間学ぶことができます。(但し対象者条件が有り)

(令和元年度のもの)
区分保護者の所得基準(父母の合算収入)軽減する額(月額)本校授業料
(月額)
実質授業料(月額)
県授業料軽減額国の就学支援金授業料軽減月額合計
甲Ⅰ所得割額が非課税の世帯6,550円24,750円31,300円35,000円3,700円
甲Ⅱ所得割額が85,500円未満の世帯11,500円19,800円31,300円3,700円
乙Ⅰ①所得割額が257,500円未満の世帯5,950円14,850円20,800円14,200円
乙Ⅰ②所得割額が272,500円未満の世帯10,900円9,900円
乙Ⅱ所得割額が452,500円未満の世帯5,700円9,900円15,600円19,400円
その他所得割額が507,000円未満の世帯なし9,900円9,900円25,100円
※所得割額(県民税所得割額・市町村民税所得割額の合算)が507,000円以上の世帯は対象外になります。

対象者の条件

  • 生徒と保護者がともに愛知県に在住していること(保護者とは親権者を意味します)
  • 保護者の所得が上記の表の所得基準に該当すること
  • ※父及び母ともに所得がある場合は、2人分の合計金額になります。
    生徒及び保護者がともに県内に居住しない場合の軽減額は、就学支援金のみとなります。

愛知県入学納付金補助金制度

区分 本校入学金 補助金額
甲Ⅰ100,000円20,000円
甲Ⅱ100,000円20,000円
乙Ⅰ100,000円13,000円
乙Ⅱ100,000円10,000円

高校生等奨学給付金

生活保護世帯、住民税非課税世帯を対象に、授業料以外の教育費を支援する制度です。
返済する必要は有りません。

※教科書費、教材費、学用品費、通学用品費など

世帯状況 給付額(年額)
私立
生活保護受給世帯52,600円
非課税世帯(第1子)98,500円
非課税世帯(第2子以降)
※15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合
138,000円

愛知県高等学校等奨学金

愛知県では、高等学校に在学する生徒の修学を支援するため、奨学金貸与を行っています。
親権者が愛知県に在住し、経済的要件に該当すれば申請することができます。

区分 貸与月額 返還期間 左記と選択できる月額返還期間
私立校自宅通学30,000円12年11,000円6年
自宅外通学35,000円
※詳しくは本校までお問い合わせください。

入学金減免制度

種別 条件 特典
成績優秀者優遇制度調理に熱意があり人物・学業成績に優れ本校の定める基準を満たし中学校長から推薦された者合格時に全額免除
愛知県外在住者応援制度生徒本人・保護者とも県外在住者で就学支援金の支給条件に当てはまる者入学後に全額免除
東洋学園グループ
優遇制度
①兄姉が本校に在籍する場合
②父母・兄姉が本校卒業生の場合
③双子が本校へ同時入学する場合
④兄姉が本校以外の東洋学園に在学する場合
または父母・兄姉が本校以外の東洋学園の卒業生の場合
①入学時に全額免除
②入学時に全額免除
③一方の入学生のみ入学時全額免除
④入学後半額免除
*いずれも重複して免除することはできません。
*東洋学園グループ優遇制度④に該当する場合は、該当する父母兄姉の在学証明書・卒業証明書が必要となります。
*入学金全額免除者は、入学納付金補助金の申請対象外になります。

各市町村の授業料補助制度

各市町村においても、授業料補助制度が行われています。詳しくは、市町村役場へお問い合わせください。
(申込み時期・内容・方法は各市町村によって異なります)

国の教育ローンのサイトへ