卒業生の活躍

昭和49年に東洋調理師学院として開校以来、たくさんの卒業生が社会へ羽ばたいています。
活躍の場は、料理人を中心にさまざまな分野があります。
ここでは、夢をかなえ、第一線で活躍するOB・OGの声を紹介します。

夢は「父とのお店」を持つこと!

SPA&RESORT 海栄RYOKANS 天の丸 勤務 溝口 義茂さん
(平成27年卒業)

岡崎市立矢作中学校出身

■料理人を志したのも、学校を決めたことも父の影響

私の父は老舗のうどん屋で働く料理人です。小学生の頃にお店で働く父の姿を見た時から「将来は料理人になりたい」そう志すようになりました。中学生になっても夢は変わらず、調理師になれる学校を探しました。東洋調理技術学院に決めた大きなきっかけは父にこの学校が良さそうだから体験入学に行って来たら?と勧められたことです。そして体験入学に来た時に雰囲気の良さを感じて「ここならがんばれる」と決めました。

■将来の自分に必要な技術を身につけられ、やりがいのある職場

今の職場に決めた理由は将来、「自分と父で店をやる」という大きな夢があるからです。そのために必要な技術や心構えを身につけられる職場を探しました。この学校では「愛和会」という就職活動をバックアップしてくれる仕組みがあったのでそこで相談させてもらいながら決めました。先生や企業の担当者の方と直接話し合って決めていけるのでとてもためになりました。

■時に厳しく、時にあたたかく、そんなところが魅力的

この学校の良さはやはり先生との距離感だと思います。とても親身になって指導してくれるので迷った時も導いてくれたのだと思います。当時は校則が少し厳しいと思った時もありましたが、その分それが社会に出たときにはできて当たり前のことで、それが本当に役に立っていると実感しています。料理人としてでなく社会人として大切になる基本的なことを教えてくれたのがここの先生たちだと思っています。

就職先で悩んだ時も
相談に乗ってくれた先生方!

医療法人生生会 松蔭病院 勤務 山田 美沙さん(平成27年卒業)

名古屋市立御幸山中学校出身

■先生たちがフレンドリーなところが良いですね

体験入学に参加して楽しかったことが入学の決め手になったのを覚えています。東洋調理の良いところは、先生たちがフレンドリーなところ!就職先のことで悩んでいた時も、「ここの職場体験行ってみる?」などたくさん相談に乗ってもらえました。

■病院での調理の仕事の面白さ

現在働いている病院への就職を決めたのは高校2年生の時。母が看護師であることと、祖母が固いものが食べづらい、という環境で育ったことも影響して、病院で働いてみたい、と思ったのだと思います。仕事内容は、食材の下処理や調理、配膳まで。毎日500食くらいを作っています。専用の機械で野菜を大量にカットしたり、ソフト食というゼリーのような介護食を作ったり、普段家庭で作ることの無いことができるのは面白いですね。これからも、毎日頑張って、続けていきたいと思います。

関連校優待制度を利用して関連校、
国際製菓技術専門学校に進学!

澤屋 勤務 宮崎 咲良さん(平成27年卒業)

名古屋市立山田東中学校出身

■幼い頃からの夢が叶いました

私は幼い頃から調理や製菓の道に進みたいと思っていました。そんな中、高校卒業資格を取りながら調理の基礎を学べる学校があると知り、この道をめざす他の人と差をつけるチャンスだと思い東洋調理に入学することを決めました。 現在私は昔思い描いていたとおり、たい焼きやお団子を作って売るお店で働いています。東洋調理での実習で、作業中の動きや手が休まる時にするべき並行作業を学んでいたことが、とても役に立っていると感じます。

■国際製菓技術専門学校へ進学

東洋調理を卒業してからは、関連校に入学すると入学金が全額免除されるということを知り国際製菓技術専門学校へ進学しました。 2年制を選択すると、1年生は座学と実習、2年生は実習中心の授業になります。現場で働く講師の先生方のお話もたくさん聞けるのでとても良かったです。 「将来こんな職業に就きたい」「こんなことをして社会に関わりたい」など、自分の意志を明確にしながら、それに沿って後悔のないよう進路選択をすることが大切だと思います。

主な進路

就職

●有名ホテル・レストラン・料亭・病院・給食センターなどの調理・サービススタッフ

進学

「東洋学園グループ校」
●国際製菓技術専門学校 ●国際調理師専門学校名駅校 ●国際医学技術専門学校
●その他 大学・短期大学・専門学校